スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒューマンスクランブル

いつかどこかで話したことがあるかもしれない気がするんだ。

それが昔書いていたブログの中だったか、
それとも友達との何気ない会話の中だったのかはわからない。
飲み会の最中のひとりごとだったかもしれないし、
毎週水曜の24時にひとりでやっているネットラジオの中だったかもしれない。
もしかしたら天皇陛下と会談した時のことだったかもしれないし、
あるいは、毎日21時から5分間ひとりでやっているネットラジオの中だったかもしれない。

記憶は定かではないんだけれど、どこかで話した記憶があるんです。

人間交差点という漫画のことを。

こうさてn



最近なぜだか知らないけど、本棚の奥にしまってあったこの漫画を再び読んでいます。

大学生のころにふと知って、読み始めたらたまらなくグッと来て、
いつの間にか全巻揃えて、いつもの如く本棚にしまっていたこの漫画を。

何故か最近、ふと思うことがあり、なんとなくこの漫画を思い出し、
本棚から手に取り、読んでみたら、たまらなく、グッと来て、
もうどうしようもなく、ただただ、どうしようもなく。

泣くために読んでるわけでもないんだけど、自然と涙は溢れ。
悲しい涙ではなく、ほんとにグッと来る涙とはこれ、この事で。

なんていうのかな、僕なんかはもう今を必死で生きているから。
社会に出て、色んな事を思い、色んな事と戦い、もがいています。
当たり前だけど、この漫画と出会った大学生のころと比べると、
「生きるってなんだろう」とかあの時よりもっともっと深く、
思い返せば毎日、今もこの瞬間も、結構考えていたりすると思うんだよね。

人生とは、生きるとは、なんだろう、僕は、なんだろう、とかって。
常々考えているって言っても過言ではないくらい、そういうことを考えています。

もちろん答えは出ないから、とにかく歩いて前に進むしかないのだけれども、
結局また「ああなんだろうな生きるってさ」とか思ってしまって、また振り出しに戻る。
そんな繰り返しをしながら、ただただ、ただ、歩きながら、生きていますがね。

そんな毎日を送る僕だからなのかもしれないけど、この漫画をこないだ読んだとき、
久々に、こんなにもグッと来るかこの野郎ってぐらいグッと来た。

この漫画に出てくる人たちもまた、生きていたからね。
ともすりゃ、うすっぺらい紙の中で、3次元に生きる僕よりも人間らしく。

この漫画を読むことが、現実の僕に影響を与えるか、って言ったら難しいとこで、
僕はただただグッと来させられながら、生きるってなんだろうなってまた考えさせられて、
それでなんとかちょっとずつ前に進んで、また生きるとはと問い続ける、
んだろうけど、それはもうどうしようもないとわかってることですよね。
この漫画だけでなく、あらゆるものは結局生きる答えを僕にあなたにもたらすことが出来ない。

だって生きることの答えなんか、死ぬときにならなきゃわからないし、
僕の生きる意味なんてものは、もちろん他の誰でもなく僕にしかわからない。


君の生きる意味だって、君にしかわからない。
僕は、その答えに似たものを提示することは出来るけど、それは答えにはなりえない。
この漫画も、様々な形で僕にその答えに似たものを提示してはくるんだけど、
僕が生きていく意味は結局、それと一致することはない。

そう、それは決して一致することはないんだけれど、この漫画のすごいところは、
それを重々承知の上で、その上で、僕らに色んな人生を享受してくるとこだと思うよ。

人間の数だけ物語がある、その数だけ人生がある、生きる意味がある。

とにかく今をかろうじて生きている僕の心を
たまらなくグッと来させてくれる珠玉の物語を見させてくれるだけで、
この人間交差点という漫画が存在する意味はある。

漫画とは違うんだけど、怪しいサイトにアニメの動画があった。
好きな話の中で10本の指に入る、「教官の雨」という話です。
まぁ、漫画の方が素晴らしいんだけどね。

よし、明日も”生きる”ぞ!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すみたかすと~ん

Author:すみたかすと~ん
さぁ、盛りあがって参りました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。